小児歯科

小児歯科

治療で気をつけていること

治療で気をつけていること

大人と異なり、小児にとって歯科医院は未知の世界です。
そのため大切なのは、何よりもこわがらせないことです。
歯科医院を身近に感じてもらうことが最初のステップです。

当院では、無理な治療は行わずその子にあった治療を段階的に行うようにしています。
やさしく話しかけることはもちろんのこと、ちゃんと頑張れた子には塗り絵をあげるなどし、歯科医院に対して恐怖心をお持ちのお子様にも安心して通っていただけるよう日ごろから心がけています。

子どもをむし歯から守る方法

小さいうちは自分ではブラッシングができないので、親御さんがしっかり行う必要があります。
また、免疫が整う時期までは親から菌をもらってしまう可能性があるため、口移しで食べ物をあげたり、キスをしたりしないよう気をつける必要があります。

妊婦、マタニティ歯科について

妊婦、マタニティ歯科について

当院では、平塚市の妊婦検診を行っております。
妊娠中は、診療中の体勢を保つことが難しかったり、レントゲン撮影ができなかったりなどの制限があります。
また、人によってはつわりで歯ブラシができなかったりといったこともあります。

しかし、妊娠性の歯肉炎というものがあり妊娠中は歯周病が悪化しやすいことがわかっています。
そのため、妊娠中であっても可能な範囲で治療や予防を行うことが大切です。
妊娠中は最小限の治療にとどめ、産後落ち着いたらまた治療を再開するといったように、フレキシブルな対応が可能ですので、妊娠中だから歯科医院にかかれないといったことはありません。

地域に密着した
アットホームな歯医者

初めての方にも安心して診療を受けていただけるような
アットホームな雰囲気づくりに努めていますので、
お気軽にご来院ください。

pagetop